出会い系サイト関連法律

  1. 優良出会い系インフォメーション(TOP)
  2. 出会い系サイト関連法律

出会い系サイト関連法律

出会い系サイトを使い始める前に出会い系サイトのことをもっと良く理解しましょう。
ここでは「出会い系サイト規制法について」「電子消費者契約法」「出会い系サイトNG書き込み内容」の3つの項目で解説していきます。

出会い系サイト規制法について

児童(18歳未満の少年・少女)の出会い系サイトの利用から起こる児童買春やその他の犯罪から児童を保護し、児童の健全な育成に資することを目的とした法律です。
この規制法は平成20年12月1日から施行されています。

出会い系サイト規制法が施行されてから出会い系サイトの事業者は児童の利用を阻止する措置をとることが義務付けられました。そのため出会い系サイトへの登録の際には何らかの方法で年齢確認をする必要があります。
規制法で確認が義務付けられているのは以下の3点です。
「出会い系サイトを利用する者の生年月日」
「出会い系サイトを利用する者の提示した証明書の種類」
「出会い系サイトを利用する者の身分を証明する発行元」

住所や証明写真などの個人情報は隠していても大丈夫です。一般的には携帯のカメラで撮影したものを送るかFAXで送信する方法が採用されてます。

違反者へは罰則もあります。これは大人も児童も対象となります。

電子消費者契約法について

電子商取り引きなどにおける消費者の操作ミスの救済、契約成立時期の転換などを定めたものです。
平成13年12月25日から施行されています。

悪質な出会い系サイトによって不正や不当な請求(架空請求)があった場合に使うことが出来ます。 無料だと思ってクリックしたら実は有料であり代金を請求されてしまったという場合、紛らわしい表示であったり間違わないような適切な処置がされていないものは消費者の申し込み自体を無効とすることが出来ます。

申し込みボタンをクリックした後に、申し込みを確認するための画面を表示しユーザーに申し込み内容を確認させる必要があります。もしくは、申し込みボタンをクリックすることで契約が成立するということが誰の目にも明らかに分かるよう表示する義務があります。
上記のような措置が取られていないものに関しては全て無効となります。

悪質サイトの手口は巧妙化してきています。わかりにくい位置へ表示してある場合もあります。
有料になる可能性があるサイトを利用する場合には利用規約をしっかりと読みましょう。サイト内の隅々にまでしっかり目を通し、おかしいと感じたら利用しないようにしてください。

出会い系サイトNG書き込み内容

出会い系サイトでは売春や援助交際などは禁止されています。そのような書き込みを掲載すると違法となります。
児童との出会いを誘引するような書き込みは法律で固く禁止されています。

売春や援助交際については禁止されているのですが、いろいろな隠語などを使って交渉をしている場合もあります。
「¥」「サポ(サポート)」「○(円=援助)」などは全て売春や援助交際を示す隠語です。その他、「ホ別3(ホテル代は別で3万円)」「ゆきち5(5万円の意)」などもあります。

売春や援助交際に関しては出会い系サイトに関わらず法律で禁止されています。

優良出会い系インフォメーション-今月のお勧め出会い系サイト

PCMAX
安心して使えることを第一に、男女共に注目度No1のコミュニティサイト。各地域に密着した集客方法を行っているので、地方だから出会いがないなんてこと無し!

ワイワイシー
本当に信頼出来るサイトとして口コミ人気上昇中!たくさんの会員を有しているので、出会いのチャンスも豊富です。

イククル
女性からの熱い支持を受け続ける出会い系サイト。初心者でも使いやすく安心できる優良サイトです。